過熱水蒸気を用いた加熱器とは?その利便性や用途は?

アクアスチームヒーターなど水蒸気などを利用して加熱する為の機器である加熱器、これらは一体どういうものに使われているのかを紹介いたします。

過熱水蒸気を用いた加熱器

過熱水蒸気,装置,処理

まず加熱器とは、ボイラーで発生させた蒸気を加熱し、さらに高温に引き上げて過熱蒸気をうみだす装置です。
100度で蒸発した飽和蒸気を更に加熱したものをいい、加熱や焼成はもちろん、その高温により殺菌や乾燥などの用途にも使用しやすくなっています。
家庭用というよりも大掛かりな装置も多いので産業や工業の場で利用されることが多く、過熱水蒸気により金属やガラスの急速加熱、乾燥処理、食品の調理や殺菌、金属の洗浄、また炎の燃焼に必要な酸素が不足している状態での加熱にもこの過熱蒸気が利用されています。
アクアスチームヒーターなどを利用すると最大の温度が500度の水が作れる上に、温度は100度から500度まで調節可能です。
温度によって効果は異なり、ペットボトルや野菜、食品の殺菌なら100度程度、調理のためや乾燥のための温度が約300度、炭化をする必要がある場合最大温度の500度まで上げられるのでアクアスチームヒーター一台でこれらの処理を全て行うことができます。
この便利なアクアスチームヒーターも加熱器であり、この一台でさまざまな加熱作業が賄えるようになっています。 また電気での加熱となっていますので燃焼を必要とせず、余計な排ガスが出ない利点やまた低酸素状態で加熱する必要のある現場で特に重宝されており、電気と蒸気による加熱は燃焼ではできないことを可能にします。 こうした燃焼が必要な現場では常に排ガスの心配などがされてきましたが、電気による加熱は排ガスの心配が大きく軽減され、より環境に優しいものとなっています。
また節電の観点では利用されている発熱線がシーズヒーターである場合、長寿命で尚且つ、抵抗加熱という電気抵抗を利用した発熱方法を行っており、この加熱方法ならば無駄な電力を使用することなく効率よく発熱するので省エネにも貢献しています。
また複雑な複合電熱によって熱を伝える構造により急速な加熱が可能であったり、低酸素状態のため大きな炎が上がることもなく火災の恐れがないため安全性でも優れています。
加熱器に使用されているヒーターによっては壊れにくいというのも大きなメリットであり、またたとえばアクアスチームヒーターならばシンプルな構造で出来上がっているので、さらに故障のリスクを軽減しています。
またこの加熱器は単独でも非常に便利なものですが、この製品を搭載した専用の装置を製作するのも可能で、さらに加工の現場に適した設計を行えるようになっています。
食品加工から金属の洗浄、リサイクルの現場などで役に立つ加熱器、社会を回すためにも必要不可欠な機器であり、電気を利用することでより環境に優しいものになっています。
また一台で行える作業が幅広いので、例えばアクアスチームヒーターならばこれ一台でさまざまな現場に運用ができるという、そういったメリットがあります。
利用環境を整えることで更に大規模な加熱を行うこともできるようになっており、このとき利用する発熱線もシーズヒーターのような加工がしやすく凡用性が高い製品を利用すると、専用の装置の製作が行いやすくなります。

加熱を頻繁に行う現場で最も気を付けなければならないのは火災です。 こういった現場では沢山の引火しやすい薬品などが置かれている時が多く、これらに引火してしまうと大変な事故に発展してしまうケースもあります。
ですが過熱水蒸気発生器のような加熱器は燃焼を必要とせず、また低酸素状態での加熱となりますので火災のリスクがなくなるのです。
熱を扱うのは大変危険なことですが、こうした製品を利用することで火災のリスクに備えることができ、より従業員たちも守れる現場を作ることができます。
一番守られるべき安全性を確立しつつ、尚且つシーズヒーターのような熱源を利用すれば電気を無駄なく利用できるようになっていますのでエネルギーも節約できるものとなっています。
産業、工業の現場共にコスト削減を目指しており、人件費ではなくこうしたエネルギーによるコストなどを削減できるならばそれが理想的です。
また作業効率もよく、急速な加熱も行える上に、よくある熱風による乾燥よりもさらに効率よく乾燥を行えるなど、さらに生産能率が上がるなどのメリットもあります。
産業や工業の現場で求められる効率をこれ一台で賄えるようになっているので、こういった過熱水蒸気発生器のような加熱器は重宝されています。
ですがここで問題となるのが急速な加熱などは可能としているものの、その機器自体が耐えられるかどうかです。 もちろん専用の構造や材質を利用していますがそれでも発熱線などのデリケートな部分は劣化しやすいものです。
また急速な温度変化は発熱線を破損させる心配があります。
ですがシーズヒーターのように絶縁体や、専用の材質でしっかりコーティングされているものならば、温度差などに強い材質を使えばこういった急速な加熱を可能としているヒーターに利用する場合でも問題なく利用していただけるようになっています。
シーズヒーターは絶縁体などの材質を変えることでさまざまな用途に利用できるのが自慢の発熱線となっています。
そのため特に温度差が激しいアクアスチームヒーターに使われる発熱線に向いているものともいえます。
故障しにくくあらゆる産業、工業を支える加熱器を新熱工業では開発をすすめています。

加熱器は産業や工業の現場でジャンル関係なく必要不可欠なものです。 単純に加熱器といえば、熱を発生させる装置として捉えられますがそれでできることは沢山あり、温度設定によってさまざまな効果が得られます。
例としてアクアスチームヒーターのように蒸気で加熱するものは温度設定によって行える作業が異なり、大体100度で殺菌などに利用出来るようになっています。
これはペットボトルなどの殺菌にも利用できますが他にも野菜などの殺菌にも利用でき、これにより家庭に綺麗な野菜が提供される、流通の要ともいえる役割を担っています。
そして300度前後となるとこれは焼成調理などにも利用でき、ピザなどの調理を行ったり、ほかにもガラス製品などの乾燥を行ったり蒸気では一見できないであろうことも過熱蒸気を利用することで可能としています。
基本蒸気を利用するものなので水を利用しているにすぎないので、食品の加熱に利用しても安全性が高いです。
最大温度の500度となると、炭化も行えるほどとなり、温度によってここまで利用できることが変わりアクアスチームヒーター一台でさまざまな工程をこなせるのがわかります。
加熱器はさまざまな現場で使われていますが、大掛かりで複雑な機械や電力や燃料の消費が激しいものも中にはあります。
ですが中にはこうした高い熱効率を誇りながらも省エネ、コンパクト、そしてあらゆる工程をカバーできる製品もあります。
また複雑な構造をしていないので故障もしづらいなどのメリットもあるので特に利用しやすいものとなっています。 加熱器で500度の水を作れるのは革命ともいえることです。
加熱器もどんどん進化を遂げて利用する用途の広さや利便性を高めており、新熱工業ではヒーターの開発と同時に加熱器の開発もすすめています。
ヒーター技術を熟知し特化しているからこそ、確実な進化を目指して開発を行えるため、より信頼性が高いです。